新幹線の中でも特別な

ドクターイエロー

新幹線の中でも特別なドクターイエロー

新幹線を守る


普段から新幹線はとても身近な存在でしょう。日本の高速鉄道として、だれもが利用する機会がある電車です。もちろん、身近な存在ではありますが、安全に走行させるためには、常に安全な状態を保たなければいけません。そこで重要になってくるのが、ドクターイエローの存在です。

新幹線の区間の中で、線路のゆがみなどを調査するための専用車両のことで、さまざまなデータを取っていくことになります。このドクターイエローは正式な名称ではありません。あくまでも愛称としてつけられたもので、車両が黄色だったことが起因しています。実は黄色い車両だけではなく、JR東日本のように白ベースに赤の塗装がされているE926系のような電車もあるのです。

ドクターイエローは、正式名称を新幹線電気軌道総合試験車といいます。いろいろなことも言われることがありますが、見ると幸せになるといった縁起物の話まであるのです。それほど珍しい存在ではありますが、新幹線が間違いなく運行できるようにするためには、大事な車両となっています。

これまでさまざまな車両で作られてきたことも確かですが、緊急時には他の運用もされることになります。それほどいろいろな使い方もしていくことになるため、ドクターイエローのことをもう少し知ってみてはいかがでしょうか。見つけたから幸運になったりするのではなく、新幹線にとって大事な車両になってくるからです。緊急時には助けてくれる存在にもなるでしょう。